美肌菌はスキンケアの注目の化粧品でありますが、その際に化粧品の役割というよりも「自分のお肌」の自己回復を活発にさせて肌を綺麗にするやり方です。

いわゆる”肌に常に在る菌”になりますが、どうやら「その美肌菌をあまり肌に必要としない人、増やさない方が良い人もいらっしゃる」ようです。

これはどんなタイプの人が美肌菌が不必要なのかを下に書いてみました。

美肌菌が必要でない人

美肌菌が必要ない人に該当するのは
・10代の男女(~高校生)
・25歳までの男女(普通肌タイプ)
この2タイプは美肌菌が不必要だと言えます。

 

この理由は何故かは一つに「既に肌の常在菌が潤った状態である」ということが理由にあります。

若いときは無理に菌を増やしすぎる理由がないと言えます。あと「菌も肌が正常すぎて善玉菌を増やしすぎても全体としてのバランスが崩れる」ことも理由として挙げられますね。

腸内環境に被りますが、潤沢にある10代の頃のお肌にはそこまで必要ないとも言えます。

ただ通常の化粧品を使いすぎて肌の回復力や細胞へダメージを及ぼすような危険性は特性としてほぼないとも言えるので、見た目だけではわからない部分も考えると、お肌が異常に弱いと感じる10代の人は使った方が良いかもしれません。

一説では「化粧品もあまり使わない方が良い」ことが挙げられます。

 

そのためオリゴロジックなどの美肌菌化粧品の注目が高いのです。

やはり若い内から化粧品を使うと肌の元々の回復力や再生力も落ちてしまい、育たない弱くなる傾向もあると言えるのでやはりできるだけナチュラルスキンケアが必要だと言えます。

 

 

美肌菌は脂性肌にはどうなの?

 

やはり脂性肌の人は基本的には美肌菌を多くもっている傾向があると言われていますね。ですので、美肌菌をムリに使う必要はないのか?と感じることもあるかもしれませんが、若い時の脂ギッシュ肌と20代を超えて、30代以上のお肌の脂ギッシュさはやはり見た目以上に肌全体の回復量は落ちている傾向にあるので美肌菌スキンケアは浸けたほうが良いと思います。

まとめると「ニキビがなく透き通った肌の普通肌タイプの25歳未満以外の男女」は基本的に美肌菌ケアは必要だと言えます。

 

>>皮膚常在菌を整えるスキンケア化粧品はコレ!