オリゴロジックは無添加+弱酸性な化粧品のため肌には非常に安心です。

なので、本当にお肌がデリケートな人でも
オリゴロジックを浸けてから肌が荒れた!
シミや赤みが酷くなった!
という危険性は基本は考えられない商品です。

 

しかし、他の化粧品でも安全無添加を謳っており

「敏感肌、乾燥肌の人にも安心!」というコメントがある化粧品は他にも数多く存在すると思います。

 

ただ、オリゴロジックの場合はおそらくそれ以上に肌に負担のかかる成分が少ない物だと思います。

その理由は含まれている成分自体が少なすぎるという点も理由の一つです。
これには語弊が出てきてしまうと思いますが、詳しくはオリゴロジックの成分のページをご覧いただくとわかりやすいと思います。

 

通常化粧品との成分の違い

通常化粧品の成分は無添加と言っても20、30種類は成分が含まれております。

もちろんその中で添加物も含まれていないとは考えられますが、それでも厳密に言うと肌に取っては刺激になるものも存在すると考えられます。

これが肌本来の成分であるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンだけであれば良いのですが、現実的には化粧品を作る上では凝固や保存を考えると難しいと思います。

そういった可能性も考えてオリゴロジックの製品は出来る限り「肌の常在菌を活かす」ために成分も限定して作られている化粧品であると言われています。

 

オリゴロジックの製品シリーズ

オリゴロジックにはシリーズとして下記のようなものがあります。

・美容液

・化粧水

・BBクリーム

・マスク

も存在しています。

 

オリゴロジックではあくまで美肌菌を主体として考えるとシリーズ品を使うことを推奨しています。

しかし、もちろんオリゴロジックと他の化粧品を併用しても充分使用可能です。

一番が朝ではなく、お家にいる際のメイクをしていない時などが一番効果が出やすいと思います。

 

肌への影響まとめ

オリゴロジックは肌の菌を活かす目的で作られており、刺激は非常に少ない成分で統制されています。

なので、一般的な美容液よりもかなり低刺激で安心です。

従来のスキンケアとは目的が違うためわかりにくい部分もあると思いますが、

本サイトのオリゴロジックを効果的に使ってみた記事もあるので参考にしてみてください。